総量規制についてご説明させて頂きます。

質問回答形式でご説明します。

総量規制とは何ですか?

借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられた新しい規制です。具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たな借入れはできなくなる、という内容です。

 

例えば、年収300万円の方は、貸金業者から100万円までしか借りることができないということになります。

 

複数の貸金業者から借入れがあります。1社からの借入れが年収の3分の1を超えなければよいのですか?それとも、すべての借入れの合計が年収の3分の1を超えないことが必要ですか?

複数の貸金業者から借りている場合、全ての貸金業者からの借入れの合計が、年収の3分の1以内であることが必要です。年収の3分の1を超えている場合、新たな借入れはできなくなります。

 

例えば、年収300万円の方が、貸金業者Aに80万円の借入れがある場合、貸金業者Bからは、20万円(300万円×1/3-80万円=20万円)までしか借りることができません。

 

「年収を証明する書類」には、どのような書類があるのですか?

「年収を証明する書類」としては、法令上、以下の書類が定められています。

 

(1) 源泉徴収票(直近の期間に係るもの)

 

(2) 支払調書(直近の期間に係るもの)

 

(3) 給与の支払明細書(直近の2カ月分以上(地方税額の記載があれば1カ月分)のもの)

 

(4) 確定申告書(直近の期間に係るもの)

 

(5) 青色申告決算書(直近の期間に係るもの)

 

(6) 収支内訳書(直近の期間に係るもの)

 

(7) 納税通知書(直近の期間に係るもの)

 

(8) 納税証明書(直近の期間に係るもの)

 

(9) 所得証明書(直近の期間に係るもの)

 

(10) 年金証書

 

(11) 年金通知書(直近の期間に係るもの)